血液型と性格、喫煙と差別

知り合いと血液型についてちょいと話をしたのでここにもメモを。
dephの主張「血液型で性格診断なんてただの人種差別じゃないか」
んで、これを説明するのに、統計的データの取り扱い方とかなんとかを説明して、
仮に差があったとしても、それを個人に対して適用するのは乱暴に過ぎる、
ということを言ったわけですな。

んで、そいつの反論というのがまたおかしくて、、。
「でも、確実にわかるって言ってる人もいるよ」
ですからねぇ、、、。
そいつが、こっちの意見に反論してると思うわけじゃないですか。
それはどうして?って聞くと、
「いや、いるもんはいるんだ」的な答えを返してくる。
つまり、いるって言っただけで、そいつは自分の意見を言ったわけじゃなかったと、、、。

こういうやつと議論めいた話をすると疲れる、、、。
でもなぜかこういうやつに限って、他のところでの話し方がうまいんだろうかねぇ、
なんか人気があったりするから不思議なもんだ。

血液型と性格判断なんて、ただのお遊びなんだから、、、
で済ますには看過できないような最近の状況(改善されているのかな?)
及びその知り合いの態度があったもんで、
そんなに面白くないことをつらつら並べてしまったよ。

血液型性格診断についてリンク
岡山大学長谷川教授によるページhttp://www.geocities.jp/hasep_diary/bloodtype/index.html
ABOfanhttp://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/

ちょっと話はそれるが、ついでに別の話題も。
喫煙/禁煙で分けるのって、これもdephの直感として、
人種差別めいたものを感じるんですよねぇ。
AというグループとBというグループがあって、
Aのなかで、Bの連中は汚いから近寄ると病気になるぞ〜、
同じ皿で飯を食うと病気になるぞ〜っていう根も葉もない噂が
広まったとします。
それで、AのグループからだんだんBの人たちが排斥されていく、
ということになる、と、ここまでは想像に難くないと思います。
これが、Aによる、Bに対する差別、ということになるんですが、
今、Aが非喫煙者、Bが喫煙者だったとすると、、、。

そこでの原因が、根も葉もない噂、なのか、医学的根拠、
なのか、グループ内の人々に共通に持たれている好みの話、
なのかは違うにしても、枠組みは、同じ、ですよねぇ?
だいたい、医学だって、人が作った枠組みなんだから、
根も葉もない噂と、大して変わらんでしょう。
いや、これは言いすぎか、、、。
少なくとも、門外漢にとっては、学門による権威付けがあるかないか、
の違いしかない、のではないかと思うが、、、、。どうだろうか。

ちなみに、dephはタバコはすいませんがね。


コメントを残す