ちらし寿司と刺身と醤油、漬け丼とご飯

少し前に、刺身がそのまま乗っているようなちらし寿司に、上からわさびを溶いた醤油をかけようとしたら、ものすごい勢いでやめてください、といわれた。

いや、言わんとすることはわかるんだけど、そのくらい好きにさせてほしかった。
認識している流儀は3通り。

  • わさびを醤油に溶いて、ちらしずしにかける!
  • わさびを醤油に溶いて、ちらしずしのネタだけをつけて食べる!
  • はしでネタにわさびを乗せて、まるごと醤油につける!

「目玉焼きの黄身、いつつぶす?」でもネタがあったから、よく覚えている、、。
これで見た。 http://www9.nhk.or.jp/anime/medamayaki/

世の中にはいろんな人がいるんだから、このくらいは好きにさせてほしいものです。親は、わさびを醤油に溶いて、ちらしずしにかける派だった、、、。この流儀が唯一、どんぶりものでよくあるようにご飯にタレ的なものを絡めて食べられるので、寿司飯をおいしく食べられるのだと思うのですよ、はい。
まぁ、おいしく食べられれば細かいことはどうだっていいんだよ、、、。

ところで、今日の昼に入った店で頼んだサーモンの漬け丼、熱いご飯の上に乗っていたから、せっかくのネタに熱が通ってしまっていた。海鮮丼とかでもそういうのがあるけど、せっかくのネタが残念な感じになると思う。もう2度とあんなのは食べるまい。


コメントを残す