超高精度時計!

東大工学部物理工学科香取研と、産業技術総合研究所のグループが、
光格子時計の実験に成功したらしいっすな。
何のことやらさっぱりわからんかもしれんが、
この時計が実現すれば、宇宙が始まってから今まで(=137億年)に
たったの0.4秒しか誤差がない時計が実現できるそうな。
現在秒の定義に使われているセシウムの原子時計は、10のマイナス15乗の精度が
実現できているそうだが、この光格子時計が実現すれば10のマイナス18乗の精度が
理論上は可能らしい。
1秒当たり1アト秒の誤差って、とんでもない世界だなぁ。
なんだか、これだけの精度があれば物理定数の時間変化が観測できるとか?
すごいもんだ。

東大工学部香取研


コメントを残す