それなんてぱふぉーまんす?

今度は冬中、暖房切ります 温暖化対策で環境省(共同通信) – goo ニュース

今度は冬中、暖房切ります 温暖化対策で環境省
2006年11月27日(月)17:40

 今冬も暖房を切ります−。環境省は27日、地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)削減のため、霞が関本庁舎で例年暖房を入れる12月1日から来年3月末までの4カ月間、終日原則暖房中止にすると発表した。

本庁舎の昨年度のCO2排出量1474トンの約6%に当たる約80トンが削減できると試算している。

同省は今年2月下旬から3月末まで試験的に暖房を中止した際、業務や職員の健康に問題がなかったと判断。今冬は冒頭から中止することにした。
———-
ここまでコピペ

また面白いこと考えたもんだなぁ、、、。
暖房入れないとか、普通に寒くて能率おちるだろ、、、。
気温0℃近くなっても続けられるのかなぁ、、。
それともコピー機の熱であったまるのか??
そんなテキトウな思いつきっぽいことやってないで、
もっとなんか抜本的にやれないものかねぇ。
こまごまとしたところからより、大きく削れるところから削っていかないと、
やっぱり、続かないんじゃないかね。まぁ、高尚な精神の持ち主ばかりなら、
やりきる、のかなぁ、、、。
act locallyの精神は認めてもいいが、もうちっとglobalに
物事を動かせる権力をもっているはずなのだが、、、、。

————-
11/28追記

ヤフーニュースからコピペ
————
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061127-00000318-yom-soci(リンク切れ)
環境省、原則暖房使わず…温暖化対策を強化

 環境省は12月1日から来年3月31日まで、東京・霞が関にある同省で原則として暖房しないなど、温暖化対策を強化する。

 ただ、特に冷え込む休日明けの午前7〜10時、厳冬期で室温が17度未満の日は例外的に暖房を行うという。同じ庁舎に入る厚生労働省も暖房中止を検討しているという。
(読売新聞) – 11月28日1時54分更新
————–
あ、そういうことでしたか、、、、。はい。


2 thoughts on “それなんてぱふぉーまんす?

  1. 暖房停止
    去年は、むしろ暑かったんだよー。平均22度くらいあったし。1階から22階までの厚労省が暖房入れてたからね。まぁ、局長室は、広い上に人口が少なくて窓もでかいから、寒かったようだけれども…(局長は一般の部屋に避難したそうな)。

    でも、厚労省も切ったら少々は寒いかもしれないなぁ。パソコン、プリンタ、コピー機はたくさんあるけど。

  2. Unknown
    22度?暖房は20度にしましょうとかいってなかったっけ?それだと切ってもよいわけだ〜。

    いやぁ、ニュース記事になっていたから取り上げてみたけど、たいしたことない話なんだね。でも、寒くなってから暖房入れたら、それはそれで無駄なエネルギー食うよな。

    アイドリングストップが本当に効果的かっていう議論と同じでさ。冷蔵庫だって、冷たいままにしといた方がエネルギー食わずに温度を維持できる、とかね〜。

    でもやっぱり、たいしたことないのにわざわざ全国報道するってことは、やっぱり、パフォーマンスか?うーん。

コメントを残す