sheevaplugを起動していたSDカードがやばげ?

/var/log/messages に
EXT4-fs error (device mmcblk0p2): htree_dirblock_to_tree:586: inode #16360: block 159825: comm find: bad entry in directory: inode out of bounds – offset=132(132), inode=134234094, rec_len=28, name_len=18

なメッセージが出始めた。fsckしていいものか、、、。

とりあえず、
# cd /
# find -xdev -inum 16360
してみたら、/var以下の、yumのキャッシュが引っ掛かった。
/varはSDカードじゃなくて外付けHDDにしといた方が良かったかもしれない。。。

再起動したら、、、
/etc/rc.d/rc3.d/K01smartd のシンボリックリンクが壊れた。
というか、dmesgしたらいろいろとエラーが出ている。もうだめかも、、、。
とりあえず必要なデータとcronで仕込んだジョブのバックアップだけはしておく。

さて、久々にdmesgを眺めてiptablesでブロードキャストが全部はじかれてた(240.0.0.0/4をけってました)のを治したり。(前使ってたルータは255.255.255.255に投げてなかったのかな?全然気づいてなかった)

ファイルシステムが壊れていて、おそらくファイルが消せないので、もう仕方ないなぁ、ということで、OSが入っているSDカードを他のシステムにつないでfsckすることにする。


fsckしてファイルシステムこわしたっぽい。
さすがに1000000ブロック以上書き換えるような無茶を要求してくるのはもうだめだと判断。明日買ってくるにする。
debugfsしても壊れたinodeはディレクトリのもんだったので、割とどうしたらいいのかわからなかった。
えーいままよとアンリンクしたらもうどうしようもないことに。とりあえずマウントはできるので、あとでまぁファイルをうつそう。(いや、バックアップからとるべきかな)
etckeeperしていたのが実地で役立つとは〜〜
gitのレポジトリも復旧させられるし、なんか別に問題ないのかな〜。。。ということにしといてください。ぢつは結構痛いです。。。


1 thought on “sheevaplugを起動していたSDカードがやばげ?

コメントを残す