森博嗣「ダウン・ツ・ヘブン」(中央公論社かな?)

大学の生協で立ち読みしました。
(1800円はちょっと高い、、、。)
スカイ・クロラとナ・バ・テアは安くなってから買ったんですが。
このシリーズ、なんというか、戦闘機というある意味での極限状況と
その中での心理描写のシュールさ。
森博嗣というと、すべてがFになる、、とかのシリーズが有名ですが、
こんなのも書けるんだ〜、なんて、、、いや、すごいと思いますよ。
そっちのシリーズにもそのシュールさの片鱗はちょっとは見えてたと
思いますけど、やっぱり、全編それってのが、違いますね。
いや、われながら意味わからんだろうなと思いますけど、
面白かったですよ。
ただ、まだ次回作に続くっていう前提のもとでは、だけど。
なんというか、歯切れの悪い終わり方だったなぁ、なんて。
スカイ・クロラやナ・バ・テアのラストに
引きずられるのかも知れないけども、、。


1 thought on “森博嗣「ダウン・ツ・ヘブン」(中央公論社かな?)

コメントを残す