何が問題なのやら

サクラ発言謝礼、25回で65人に 政府「問題ない」(朝日新聞) – goo ニュース
サクラ発言謝礼、25回で65人に 政府「問題ない」
2006年11月15日(水)13:48

 政府主催のタウンミーティング(TM)で内閣府が事前に発言を依頼したいわゆるサクラの質問者に謝礼金を払っていたと国会で指摘された問題で、塩崎官房長官は15日午前の記者会見で、02〜04年度の3年間で計65人の「冒頭発言者」に謝礼金を支払っていたことを認めた。01年度は「資料が残っていない」という。ただ、塩崎長官は「全く問題視していない。講演(依頼)したときの講師謝礼と同じだ」と説明している。

 塩崎氏は5000円の謝礼金の支払いが確認できた分について、02年度に14回のTMで42人、03年度に7回で15人、04年度に4回で8人と説明。「ここ2、3年は払われていないと聞いている」と語ったが、やめた理由は明らかにしなかった。

 塩崎長官は問題視しない理由について「議論の口火を切ってもらう役割を担ってもらった謝礼金であり、(内閣府から質問内容までも事前に指定した)やらせ質問では全くないと聞いている。手を挙げている人の中から『この人』というのではなく、明確に会の流れの中でお願いをしている人に謝礼を払ってきた事実がある」と述べた。

 また、これに先立ち、政府は15日朝、「やらせ質問」の有無を調査する「タウンミーティング調査委員会」(委員長・林芳正内閣府副大臣)の初会合を開き、全174回のTMについて調査をすることを決めたが、いつまでにとりまとめるかは結論が出なかった。
—————-
ここまでこぴぺ。

タウンミーティングがどんなもんなのかわからないが、
あらかじめこのような質問をしてくださいね〜、と頼んでおくことの
何が問題なんだろうか。
ほかの質問を時間的に、、、とかいって封殺してしまうならやらせ
といえなくもないだろうが、このあたり詳しく報道してくれないので
何が問題になっているのかわからない。
いろいろ見た範囲で問題が仮にあるとすれば、それに謝礼を払ったこと、
くらいかなぁ。

大体、講演会にしろディベートにしろ、終わった後で聴衆からの
質問がないと味気ない感じだし、はじめに一個なんか質問が
あった方が質問しやすいんではないかな、という気はする。

まぁ、あらかじめ質問内容がわかっていて、関連する質問をすべて
黙らせるような回答を用意しておくくらいのことをやっていたなら
やらせといってもいいかもしれないが、
ただの揚げ足取りではないか、という気がしてならないなぁ、、、。


3 thoughts on “何が問題なのやら

  1. 何を学びに大学へ行っている
    貴方はそれでも大学生なのか?金を払って質問内容まで指示し、意に沿った質問をさせることに何も疑問を感じないのか。理学部もいいが頭でっかちにならないよう、道徳部にでも入学して頂きたい。

  2. Unknown
    いや、意に沿った質問しかさせなかったわけではないでしょう。ほかの質問がすべて抹殺されたのならやらせといってもいいでしょうが、そのような事実があったと想像するだけの根拠は示されていません。

    問題があるとすれば、そこに謝礼金が発生したことくらいかと思いますが。

    やらせやらせと当たり前のように記事にしてますが、どこがやらせなのか一連の報道で説明不足だといっているのです。

    しばらく調べてから次のコメント打ちます。

  3. Unknown
    http://www8.cao.go.jp/town/

    ここにタウンミーティングのダイジェストがありました。

    まぁ、名古屋のやつで、小学生の質問はなんか、やらせっぽいなぁ、って思った、、、。

    たとえば、

    http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2006110706230.html?C=S

    ここの記事を参考にすると(面倒だからキャッシュしないが、、、)質問依頼は7人(そのうち内容まで指定されたのは3人)だったと書いているが、

    このタウンミーティングでの質問総数は10名と、さっきの所からいける動画では書いてあった。

    質問者は、前から依頼されていたのが過半数という状況は確かにまずいかもしれないですね。

    ですが、依頼者以外の質問がどう処理されていたのか明確にされていないので、なんとも評価できないですね。

    記事にも書きましたが、依頼者以外からの質問が、たとえば時間が押してますから、とかいって切り捨てられちゃったらそれはもちろん問題でしょうが、そこは誰もなんとも言っていないので判断できないです。

    質問以来自体は、八戸の件だと質問者に占める人数が多いこと(と、謝礼が支払われること、これは八戸でもあったんだっけ?)を除けば、タウンミーティングを円滑に進めるために必要だったもの、と判断してよいと思いますがね。

コメントを残す