fedora15でgnome3を使った件

windows7ライクなデスクトップになったけど、windows7よりは好みかな。
windows7のalt+tabって、結構いつも忘れてしまって、いつも使わないんだよなぁ、、、。さて。

windowsキーを押したり左上にマウスカーソルを持っていくと、ランチャ件ブックマークバーが起動して、そこからアプリを選ぶという感じ。デスクトップの背景で右クリックしてもコンテクストメニューが何も出なくなったし、上の方のパネルの表示もあまり柔軟でない感じ(横長ディスプレイであれを広く表示されると邪魔。左に置きたいかなぁ。)

んで、gnome3では、デスクトップ画面とランチャー画面を切り替えながら使う感じなんだけど、これって、マウスのインターフェースには向いていなくて、タッチパネルによりむいている気がする。タラタラ左上までマウスを持っていくのが面倒だし。。。

あとは、デスクトップ数が動的に増える(つまり、常に空のデスクトップが一番下に表示される。(これって、実は制限数あったりする?))ので、ブラウザやメーラはえいやっと全画面表示してしまって、デスクトップ切り替えで使うのが便利っぽい。今後スレートPCとか、タブレット端末がたくさんでてくると、こういったUIが主流になっていくんだろうなぁ。windows8も変わるっていうし。

しかし、linuxでwindowsキーを多用することになるとは、、、、今までも機能はあったのかもしれないけど、使ったことはなかった。そもそも、マウスに最適化されたGUIなのに、キーボードショートカットを覚えるっていうのも、なんか思想が曲がっている気がするんだけど、それってワタクシだけなのでしょうか〜〜


コメントを残す